クレジットカードをとことん解剖

クレジットカードのポイントはお得

現在クレジットカードの多くが、利用するとポイントが貯まるシステムを導入しています。貯まったポイントは現金や電子マネーとして還元されたり、会社独自のサービスに替えることができます。つまり、何かを購入するときは現金で支払いをするより、カードを使った方が特になる場合が多々あるということです。


<おすすめの使い方は?>

ポイントをたくさん貯めようと思ったら、毎月必ず支払う必要があるお金、いわゆる固定費をクレジットカードで支払うのがおすすめです。家賃や光熱費など、ある程度まとまった金額を確実に使うので、効率よくポイントをゲットできます。このときのポイントの還元率は、カードの種類によって多少違うので、これからカードを作る場合には、どれくらい使うとどれくらいのポイントが戻ってくるのか、事前の確認が必須です。
ランキングからクレカを比べてみる⇒⇒おすすめクレジットカード


<カードを作るときには、ここにも注意>

クレジットカード自体の発行や保有にお金がかからないものもありますが、中には初年度の手数料は無料でも、2年目以降は保有に手数料が必要となる場合もあります。ただし、一定金額以上を使っていれば、その手数料が無料になるカードも多々あります。こういったカードの方が、ポイントの還元率がいい場合も多いので、自分がどれくらい使うのかをある程度シミュレートしてから発行するといいでしょう。

年会費で選ぶクレジットカード

クレジットカードを選ぶ時におそらく誰もが気にするであろう年会費というものについて、ここで少しお話をしたいと思います。


年会費でクレジットカード選びをするのなら

クレジットカードには年会費がかかるものと、一切かからないものがあります。そして年会費無料のカードにも永年無料のものと、初年度のみ無料のものがあります。「できれば年会費がかからないものが良いなぁ」と思う人も多いかもしれませんが、年会費がかかるからといってコストがかかるというのは誤解です。自分の生活に合ったカードを選べば、年会費無料のものよりも年会費がかかるものの方が低コストになることもあります。


自分のライフスタイルに合ったものを選ぶ

例えば海外旅行が好きな人は、そういった旅行の際に使えるサービスが充実したクレジットカードを選ぶことでお得な特典を利用できる様になります。たとえそれが年会費のかかるカードであっても、こういったサービス内容があることで逆に旅行の際の無駄を省き贅沢なサービスが受けられる様になるのです。逆に年会費無料のカードであっても、自分の趣味や生活の役に立つサービスが無かったら持っている意味がありません。ですから、年会費でクレジットカードを選ぶならこういう点もしっかり頭に入れておきましょう。

おすすめカード:セゾンカード(年会費無料でそれぞれのライフスタイルに合わせられるおすすめクレジットカードです)

クレジットカードを生活の中に取り込んでいく

クレジットカードは普段のなんでもないショッピングなど生活の中でそのサービスを利用することができるでしょう。
なんでもないスーパーでの日用品の買い物。それどころかコンビニで使うことができるカードもあります。ふだんのほんの小さな買い物でこそ輝くカードもあります。
もしくはおすすめなのが毎月避けられない公共料金などの固定費の支払い。これをカードで行えば、現金支払いでは絶対に得ることのできないポイントやマイルを得ることができます。
それまでクレジットカードを使っていなかった時代よりさらに多くのサービスを感じながら生活するほうがより良い未来にたどり着くことができるはずです。
日々の支払いで細かい節約を心がけている方ならぜひクレジットカードを生活の中に取り入れてもらいたいです。


クレジットカードで今まで現金だった支払いを肩代わりする

以前はすべて現金で支払っていたその支払い。これからはクレジットカードに切り替えましょう。例えば当たり前に口座から引き落とされていたその携帯電話の使用料金。
もしくは会社からお金が振り込まれていた会社までの定期のお金。この支払いも現金ではあまりにももったいないです。
もしくは食材を買っていたそのお金。これも避けられない支払いなので、カードで支払ったほうがより節約につなげることができます。
カードごとに支払うお金の種類を変えるのもおすすめです。カードごとにお得に使えるお店、支払いの種類が変わるからです。


まずは年会費無料のカードを

いままでクレジットカードに馴染みの無い生活を送っていた人が急にカードでの支払いを行うようになれば、その急激な生活の変化に自分がついていくことができません。
じょじょにカードを生活の中に取り込んでいくために、まずは年会費が永年無料の持ちやすいカードを使ってこれからの生活を快適なものにできるように考えていきましょう。
ゴールドカードやプラチナカードはそれからつくることができる権利を手にするチャンスが訪れるはずです。

JALのクレジットカードはどこがすごい?

クレジットカード業界には今様々な企業からの参入が相次いでいますが、日本の空の旅で有名なJALも独自のカードを作っています。
ここでは、そのカードにどのような特徴があるのかを紹介していきます。


JALのクレジットカード特有のサービス

まず、クレジットカードの会員でしか利用できないボーナスマイルというものがあります。
これは通常の何倍もマイルが貯まりやすくなるというもので、このカードを持っているだけでかなりお得に旅行をすることができるというものです。
さらにすごいのが、日常の買い物でもマイルをためられるということです。
マイルは普通、飛行機に乗ったときのみ蓄えられるものですが、JALカードは航空会社が発行しているクレジットカードということで、なんとスーパーやコンビニなどの利用でも貯蓄できるのです。
とってもお得ですね。
また、これらに加えて、ディスカウントマイルよりも少ない額で特典航空券をゲットすることもできるようになります。
頻繁に飛行機に乗るという方は、ぜひともこのカードの存在を知っておくべきでしょう。


一般のクレジットカードと比べてどうか

航空会社という性質を最大に発揮したJALカードですが、ポイントやサービスの面は他のものと比べてどうでしょうか?
「普通カード」というタイプだと、年会費は最初の1年は無料で、以後は2160円ほどかかるそうです。
2000円を超えるのは、他社と比較すると少し高めといったところでしょうか。
しかし、家族全員でこのカードに申し込むと1080円で利用できるそうです。
家族でよく海外旅行に行くという方にはおすすめできますね。

クレジットカードはこんな人におすすめ

クレジットカードを持つべき人。カードの利用をおすすめしたい人というのがいます。
クレジットカードはきちんと自分に正しい、無理のない使い方ができればすごく便利なものなので、まだクレジットカードを持っていない人も発行することを検討してみてください。
きっとあなたに合ったカードがあるはずです。これから作ろうかと検討している方も、比較サイトなどを参考にしてみてくださいね。


よく旅行に行かれる方はぜひクレジットカードを

特に、海外旅行に出かけることが多い方はぜひカードを持ってもらいたいです。海外では利用通貨が変わってきますから、両替の必要が出てきます。この時に両替のレートの問題が出てきますし、手間もかかってしまいます。ですがクレジットカードでの決済なら、手間なしにすぐお金を支払うことができます。
VISAカードなどは海外での加盟店の数も多いですから、海外での利用がしやすいといえます。


キャッシングサービスも利用できる

カードによってはキャッシングサービスを受けることができるカードがあります。限度額が低いものが多いですが、その分金利が高く設定されていますから、あくまで補助の役割で利用しましょう。計画的な利用を心がけたいですね。

こんなものまでクレジットカードで支払えます

クレジットカードはポイントがあるため、同じ料金を支払うならできるだけ使ったほうがお得になる仕組みです。カードはさまざまな場所で使えるため、より利用することで家計の助けになります。意外な場所でもカードが使えることが知られてない場合があります。


<支払いはほとんどがカード利用可>

クレジットカードが使える場所で利用金額が多いところのひとつは家賃です。支出を大きく占めるもののひとつである家賃はカードで払えばその分ポイントもつきます。不動産業者が利用できるカード会社を指定してくる場合もありますが、大手の賃貸では好きなカードが使えるケースが多いようです。また、税金や国民年金保険料もカードで払うことができます。


<部分的にカードが使える場所>

全ての場所ではありませんが、医療機関も一部ではクレジットカードが使えます。法律やシステムとしては医療費をカードで支払うことができるのですが、医療機関の対応はあまり進んでいないため部分的にとどまっています。カードが使えることを表示していない病院も多いので、利用したい場合は対応しているか聞いてみましょう。タクシーも高額になりがちでカード払いができれば便利なのですが、全てのタクシーが対応しているわけではなく、使えないこともあります。

クレジットカードとは

クレジットカードとは、買い物の際に現金ではなくツケで支払いのできるカードのことです。クレジットとは英語でcreditと書き、その意味は「信用」です。会社は予め個人の支払いにおける信用調査をしていますので、クレジットカードを持てるということは、そのままその人物が信用のおける人物であることを表しているともいえます。


<クレジットカードの構成>

クレジットカードには、カード番号や氏名などの情報、そしてカードによってはICチップが載っています。磁気テープ式よりもICチップの方がはるかに膨大な量の情報を蓄積することができます。ICチップの偽造は不可能という信用の元、顧客はサインを省略することができるので大変便利です。その他にも指静脈認証などの暗号化を使っているカードもあるようです。これはバイオメトリクス認証といって、人の指先の静脈のパターンを記録しておきそれを利用して個人を判別する認証方法です。

そしてカード番号は14桁〜16桁のランダムな数字で構成されていて、この番号だけでカード会社はカードの持ち主を特定できます。有効期限はMONTH/YEARの順、つまり月と西暦の下2桁ずつの表記になっています。日本は逆の表記なので、自分で記入や入力をしなければならないときは注意が必要です。

クレジットカードはパートでも持てますか?

クレジットカードは、満20歳以上で安定した収入を得ている方でしたらパートの方でも持つことが出来ます。
もちろん、この条件を満たしているのならアルバイトの方でも持つことが出来るので、嬉しいですよね!
最近は、銀行で口座を開設させるとき、一緒に申し込みをすることが多いです。
利用しない方はその後解約をされても良いかと思いますが、そのまま持っておくのもいいと思いますよ。


クレジットカードはいざという時に助かる

お会計の時に、お財布を確認したら思っていたよりも現金が入っていなかった!という経験をしている方もいると思います。
さすがに現金を持っていなかったから、購入するはずだった品物を返品するなんて気が引けちゃいますよね。
店員さんに申し訳ない気持ちを抱く人もいると思います。
そんな時にクレジットカードを持っていると、それでお会計を済ますことが出来るので助かりますよ。
もちろん、利用した分の金額は後から払うようになっていますので忘れずに!


利用の仕方について

クレジットカードはいざという時には、本当に便利で助かるものです。
だからといって、あまりにも使いすぎてしまうと今度はその支払いが出来なくなってしまうので、計画的に使うようにして下さい。
きちんとご自分が後で余裕をもって支払える金額の範囲内で、利用するようにしてもらえればいいですね。
正しく利用するようにしましょうね!

クレジットカードを整頓しよう

現在、年会費などを一切かけずに利用できるクレジットカードが増えています。そのため、よく使うサイトやお店でも気軽にカードを作れるようになりました。しかし、気がついたら使っていないクレジットカードがお財布にたくさんあった、という経験はありませんか?


使わないクレジットカードを確認しよう

ポイント還元率や利用しやすいという理由から、使うのは結局数枚のカードだけということは少なくないかと思います。カードで利用していないものは、インターネットなどで悪用されてしまう可能性も少なくないそうです。犯罪などに巻き込まれる前に、お財布のカード類を整頓してみてはいかがでしょう?また、利用していないだけで、今使っているものよりもお得になるクレジットカードが眠っているかもしれません。


いらないカードは解約して破棄しよう

クレジットカードの退会はそんなに面倒なことではありません。多くの場合、コールセンターに電話をして退会を申し込めばいいのです。利用しない、解約を終えたカードは、はさみで切ってからゴミ箱へ捨てましょう。自分がいつも使うクレジットカードも含めて、ポイントの還元率などを比較するいい機会になりますし、お財布もすっきりしますね。

クレジットカードの不正利用のリスクを軽減するセキュリティコード

クレジットカードには、VISAでもMasterでもJCBでもAMEXでもDINERSでも、そのクレジットカード番号の16桁(AMEXだけは15桁)のほかに、カードの裏面(AMEXだけは表面)にセキュリティコードなる3桁か4桁の番号がついています。


クレジットカード不正利用を防ぐ

このクレジットカードのセキュリティコードはクレジットカードの不正使用のリスクを少しでも軽減しようという目的で付けられています。
例えば、16桁の番号と氏名だけを他人に覚えられてしまった場合、インターネット通販などでは、簡単に本人を装っての買い物ができてしまいますが、もしもその決済処理の際に、クレジットカード番号とは別のセキュリティコードを入力が要求されれば、その3桁ないし4桁の番号も知っていなければ不正利用できないことになります。
つまりは利用したときにカード自体を所有していなければ決済されないのです。
また個人情報カード情報の漏洩事件というのをよく耳にされると思います。
決済した側は16桁のカード番号情報は持っていても、セキュリティコードは情報をして保持しないため、もし漏洩しても、そのクレジットカードはコードを決済時に要求するサイトでは不正利用できないというわけです。


カード利用のリスクについて理解しておく

ただし、カード情報にしても不正にコードまで保存しているという業者もいれば、フィッシングサイトではコード情報まで聞き出す手口も横行しています。
ですから、決してこの策は万全ではないということは理解しておきましょう。

スマホ決済とクレジットカード審査

スマホの端末料金の支払いは多くの場合、2年契約で分割払いにしている方がほとんどだと思います。そうする事で、6万円以上する高価な新商品をダメージレスで購入する事が可能です。しかし、この分割払いなどの情報を含む支払個人情報を某大手スマホ会社が登録をしてしまった事により大きな問題になっている。


情報操作のミスにより信用情報に大きな影響

情報の簡単なミスにより、きちんと支払を行っているユーザーを未払い滞納者として登録してしまったのです。この情報はCIC(日本信用情報機関)に渡り、この未払い者となってしまったユーザーの信用情報が著しく評価が下がってしまっていた事が判明したのです。


クレジットカード審査への影響

このトラブルの影響は表面化していない分も含めるとかなり大きいものであるという見方が強いようです。被害を受けたユーザーは6万3133件とされており、このユーザーがクレジットカードやカードローンなどの金融商品の審査を受けている場合、最大で3カ月滞納しているとして理不尽に審査落ちしてしまっている事が予想されます。この情報をユーザーからの申告で把握した某大手スマホ会社は迅速に対応し、速やかに情報の修正を行う事で事態は収束に向かう事になりました。この事からクレジットカード審査では、ケータイ料金などの未納記録も影響がでる事があるので普段から身の回りの決済管理には十分気をつけましょう。

クレジットカードの公式スポンサーをチェックしよう

クレジットカードには企業などが公式スポンサーとして提携している場合があります。また提携している施設などの優待割引が効くなど、カードを発行している会社によっても受けることのできる優待の企業は大きく変わります。クレジットカードは無料で作れるものも多いですから、迷った時には優待やスポンサーをチェックしてみましょう。


ディズニー好きは必須のJCB

国内唯一のクレジットブランドであるJCBでは公式スポンサーにディズニーがついています。そのため、JCBカードであればパーク内のお買い物が一定の金額までサインレスで利用できる他、カード会員限定の貸切パーティーなども抽選で当たった人は参加できる、オフィシャルリゾートホテルに宿泊予約が取りやすくなるなどの特典があります。


提携企業で利用できる優待も大きい

そのほか、ルミネの発行しているクレジットカードであるルミネカードでは、箱根小涌園の温泉入場料を半額近くディスカウントしてもらうことができるなど、カードを所有しているだけで得られる優待が多くあります。自分の所有しているクレカで精算にするだけで提携しているホテルなどの宿泊料金が割引になることもあるのです。カードの種類で迷ったら、自分のよく使う施設や好きなアミューズメントパークなどで優待を行っているかをチェックしてみましょう。

機能一体型クレジットカードでお財布をスリムに

年会費などが無料で利用できるクレジットカードが増えています。コンビニエンスストアなどで提示するだけで割引が可能なポイントカードにも、原則としてクレジット機能が付帯していたり、スマートフォンに会員情報を紐づけたりしてキャッシュレスで買い物ができるなど非常に便利なサービスが増えているのです。


電子マネーはクレジットカードで管理

現在、増えているのが電車などで利用している電子マネーをクレジットカードと一体化させたものです。このサービスではチャージ金額が1000円以下になると自分で設定した金額がオートチャージされるなど、改札を利用する際にも非常に便利なことが多くあります。また電子マネーにチャージしたお金はクレジットカードを通じて引き落としで支払うこととなるため、万が一カードをなくしてしまった場合には補償が効くというメリットがあるのです。


提携企業ではポイント還元率も高い

交通機関の電子マネーは普段、公共の乗り物を利用する人がほとんど利用しているものです。そのため普段、ショッピング枠などでクレジットカードを利用することがない人でも、簡単にポイントを貯めることができます。ただし、クレジットカードにすべての機能を紐づけて利用している場合は紛失してしまうとクレジット機能などすべての紐づいている金融機関のサービスの利用ができなくなってしまうことになりますので、しっかりと管理をすることが大切です。

お得なクレジットカードとは

どうせクレジットカードを利用するのなら少しでもお得な商品を使いたいものです。しかしクレジットがお得である条件というのは意外と複雑でいくつかの項目が絡み合っています


クレジットカードとポイント還元率

クレジットカードを利用するにあたり最もシンプルにお得さを実感できるのがポイントサービスに関する項目です。中でも利用した額に対してどのくらいのポイントが貯まるかという指数であるポイント還元率は重要です。当然還元率が高いほど同じ額を支払うのでも貯まるポイントは多く、ポイントが多く貯まるという事は即ちより多くの金券類と交換できるという事です。ただポイント還元率は多くの場合一定ではなく、例えば提携会社との利用で2倍に増える、利用額が定額を超えると1.5倍になる、誕生月には5倍貰える等のサービスが存在します。そういったサービスの中から最も自分にとって恩恵の多いカードを選びましょう。


年会費との折り合い

ただポイント還元率に注意が行き過ぎて意外と忘れられがちなのがクレジットカードの年会費です。当然クレジットの中には毎年定額年会費がかかる商品から初年度無料、さらに永久無料の商品まで存在します。その為お得なクレジットカードの一例としてはポイント還元率が高く尚且つ年会費が無料のカードという事になります。そうでなくてはせっかく貯めたポイントが年会費に持って行かれてしまいます。

生活の中で活きるクレジットカード

クレジットカードは、買い物への利用だけが使い方ではありません。普段の引き落としをクレジットカードに変えるだけで、もっと生活費がお得になるなどの、便利な身近な所での使い方を紹介します。


公共料金が支払えるクレジットカード

今ではクレジットカードは、お店でもインターネットでも原因いらずに気楽に使えるものとして、重宝されています。また、最近では電子マネーに対応しているカードもあるので、コンビニなどでのちょっとした支払いがサッと済んでとても便利です。しかし、もっと生活の中で使えるのが、公共料金への支払いです。実は、公共料金はクレジットカードで支払うと割引されたり、ポイントが貯まったりと、普通に口座引き落としにするよりも格段にお得になります。


携帯電話の料金がキャッシュバック

公共料金だけでなく、クレジットカードによっては、携帯電話の料金に応じたキャッシュバックを行ってくれるところもあります。毎月必然的に発生する費用だからこそ、カード払いに切り替えて節約するという方法が注目されています。これなら入金し忘れて利用停止されることもないので安心です。また、スマートフォンなどでは、登録しておけばアプリの購入にカードが使えるので便利です。

クレジットカードとETCカード

クレジットカードの一機能として昨今注目されているのがETC関連の機能になります。


一体型か分離型か

クレジットカードをETCとして利用する場合の方法は大きく分けて2パターンあります。1つがクレジットとは別にETCカードを発行してその料金をクレジット引き落としにする方法、もう1つはクレジットとETCの一体型カードを発行する方法です。いずれの場合でも車にETC用の設備を備え付ける必要があり、専用機にカードを入れる事で利用可能です。


クレジットカードのETC対応で気を付ける事

クレジットカードのETC利用で気を付けなくてはいけないのはETC対応させる事で、あるいはETCカードを発行する事で年会費や手数料が発生するか否かです。例えばETCとクレジットの分離型ならいちいち高速道路に乗る前に専用機にクレジットを挿入する手間が省けて便利ですが、ETCカードを別途発行する事で手数料がかかってしまう場合があります。また年会費は新たにETCを発行する場合だけでなく既存のカードをETC付カードに変更する際にも発生する事があります。ただクレジットカード会社の中にはETC対応を無料で行っている所もあるので、もしETC利用の可能性がある場合はこういった点も商品選びの際に参考にされてはいかがでしょうか。